投票は政治活動か?


May 14, 2015
統一地方選挙から約一月経ちました。
選挙を行うごとにだんだんと投票率が下がっていると話題となっていますね。

実を言うと、私はまだ投票を行ったことがないです。

なぜか?というと住民票の所在地と現住所が全然違うからなんです。
なので、私が投票するためにはわざわざ投票だけの為に長い時間とお金かけて行かなきゃならない。それにいくら地方選とはいえ、1票増えたところで選出される政治家が変わるなんてことまずないですし、何よりその恩恵を享受することができないという現実があるのです。
時代がどんどん変わっていく中で私のような境遇で選挙に行けないという人は投票率と反比例して増えているような気がします。
だったら代理をとかいう方もいるかもしれませんが、政治家が変わっても政治家の
「第一は自分の身を守ること」
というのが結構いるため、例え自分のせいで違う人が選出されても結果はほとんど変わらないということが多いです。
 国会中継や委員会を聞いていても
「そうだそうだ」
と外野でわめいたり、野次を飛ばすだけしかしない奴などの存在をしってしまうと、選挙の時にだけきれいごとを言っている政治家に投票するより、すべてとまではいかずとも、政治家が今まで何をしてきたかを知った上でなにもしないことのほうがよっぽど 政治に参加していると思うんです。

という、投票しない自分への自己弁護はここまで。
 


そろそろ本題に移ります。

投票という行為は政治活動なのか? 
題名に挙げたとおりです。
まず、政治というものの定義は
 

せいじ【政治】

統治者・為政者が民に施す施策。まつりごと。
国家およびその権力作用にかかわる人間の諸活動。広義には,諸権力・諸集団の間に生じる利害の対立などを調整することにもいう。

  https://kotobank.jp/word/%E6%94%BF%E6%B2%BB-85844 
辞書的に見て次に政治に参加しているか という質問に対しては肯定です。
生まれてから死ぬまで政治に参加していると言えるでしょう。


では選挙で政治活動をしている。という方は何人いるのでしょうか?
おそらく浮動票の内の大半の人はほとんど政治活動をおこなっていないと思います。

ただ単に選挙に行っている人は、マスコミというフィルターを通して垂れ流された情報や、選挙期間中に選挙活動を通して議員や活動員などから得られたような情報を頼りに投票している人ばかりでしょう。
そんなのは、為政者やマスコミに流されているだけであって政治活動とは言えるような代物ではありません。


どんな活動をやったのか?
また、どんな功績があるのか?

ということや、

実際に自分の目で見てこの議員はどういう事をしているのか?
政党はどういうことを目指しているのだろうか?

ということを調べてはじめて選挙を政治活動といえると思っています。


 
形だけの投票を見て若者は政治に参加しないというのか、若者の行動を見て政治に参加しないと言うのか、

結論だけでなく経過や根拠をはっきりとさせてほしいものです・・・
よろしければポチッと1クリックお願いします。
戦国IXA・攻略ブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    julyausspopotamous at 23:57│Comments(0)TrackBack(0)└真面目系 | ニュース

    トラックバックURL

    コメントする

    名前
    URL
     
      絵文字
     
     



    Top▲