第2回東西戦終了!


October 26, 2015
東西戦2戦目も無事終了しました。

結果はというと・・・

東西4
東西3

予想以上に接戦となりました・・・。

こんなはずではなかったのに・・・






 

東西2

初日終了の時点ではまだ西軍にもワンチャンスあるのではないか?
とうかがわせる状態でしたが2日目にはいって何とか突き放すことが出来たという印象ですね。


今回の攻略履歴をまとめるとこんな感じになります。
東西5
東西6

こうして見ると龍造寺が無能にしか見えませんね('A`|||)

開幕速攻で砦を落とされ、同時刻に2個×2
どこよりも先んじて大殿陥落・・・

さらには初日に落とした砦が2個両サイドの支援を受けてのギリギリ勝利・・・
「龍造寺の戦功4位なんて嘘だったんや・・・」

と言われるのは癪なので弁解させてもらおうと思います。


まずは防御方

「何で同時攻略されるんだ?」

と思われる方多いと思います。
相手は2国3国というわけではなく豊臣だけです。

さらに言うと戦況はこんな感じ・・・
東西7
東西8

こちらは40部隊いるはずなのに、勝ちの報告が見当たりません・・・

東西9
東西10


スキルレベルがほぼ10なのは当たり前、1発目なのにもかかわらず馬主体ではなくではなく砲。
藤堂のような一介の極に覇軍星・・・

防御が強くなさそう・・・とはいえこんな攻撃止められるわけがない・・・


ちなみにこの同盟、徳川の砦でもやらかしてくれまして、
東西11
東西12
 
一見4発撃った後に見えますが、時間が1時間以上開いたソロ凸 。
大勢に影響を与えるような攻撃ではありません。


それにしてもこれはひどい・・・

豊臣の防衛戦時に不具合があって助かった・・・


 
前説明をしたところで東西戦のハイライトに移ります。

東西14

敵方の豊臣・柴田・毛利及び味方方の徳川・上杉は正面を
対して、龍造寺は正面とは争わず脇に逃れて柴田を潰しにいきました。
思えばこれが豊臣の同盟が暴れた原因のひとつなのかもしれません。
 
自分の砦が荒らされない以上守る必要は無いので無駄にコストを裂く心配がありませんでした。
防御のためにコストを裂かなくてもいいということは参加させることのできる武将数が自ずと増えるということを意味します。
もともと、豊臣は人口が多い国ですし砦攻略程度であれば人員過剰となるほど人が多い国なのでしょう。

さらに参加武将数が増えれば・・・
言うまでもありませんね。


その豊臣から開幕先制攻撃を受けたのが龍造寺砦7
東西13
 

東西15
僅か3発で剥がされ為す術なく撃沈(東軍0西軍1)

もともと龍造寺は
攻撃は最大の防御!
みたいな国なので防御を鍛えている人はあまりいなかったのでしょうね。
ウチの同盟補佐なんかは東西戦終わった跡、取り憑かれたように防御武将を強化していました。

その後は龍造寺・徳川・上杉が次々に西軍の砦を落として逆転。
その後は東軍優位に進んでいくも、初日の15時過ぎ東西16

東西17


同盟単騎と本体による同時攻略により西軍が逆転(東軍5西軍6)

さらにその2時間後 

またも龍造寺が同時攻略をくらう
 
東西19


東西18
 
龍造寺が同時攻略され2個の砦を失う(東軍8西軍9)


その後、東軍が西軍を逆転するも22時過ぎに

東西21


東西20

豊臣によって龍造寺家大殿陥落(東軍17西軍15+1)

僅か5発で加勢が吹っ飛ばされるという早業でした。 
攻撃側が強すぎるのか防御側が弱すぎるのか・・・


その1時間23分後徳川によって毛利大殿攻略(東軍18+1西軍17+1)
東西23
東西22
 
さらにそこから1時間14分後、龍造寺・上杉連合が柴田家を攻略(東軍18+2西軍20+1)

東西24
東西25



これが今回のターニングポイントの一つ
東西27

徳川の豊臣5攻略失敗...
周りを徳川砦5を落とし終わって休憩している某同盟員が周りを固めていました。

この時点で西軍の残存は城1砦6、東軍は城2砦3という状況でした。
この状態ならば早朝に徳川大殿を奇襲して落とし上杉を3国で攻め落とすということも出来なくはない状態でした。

徳川が必死に攻略してくれていた=引き付けてくれていたおかげでガラガラになった豊臣砦1という場所がありまして・・・



柴田落として停戦前に陣掃除しよう!とか言っていた龍造寺がほとんど反撃を受けなかったおかげで、ダメもとでやってみるか→結果

東西28

簡単に陥落しました・・・

攻撃して落としたのは龍造寺ですが、実質徳川が落としたようなものですね。


2日目の攻略履歴見ると
東西29
なぜだか徳川4砦の攻略が遅いんですよね。
3時間してようやく陥落。

しかし、その頃にはもう豊臣の残存拠点は大殿だけになっていますのでもはや勝ち目はない・・・と。

なんでかな~と思ってみると・・・

東西30
加勢が吹っ飛んでから近場の陣から加勢を差し込んで全ての攻撃を受け止めていたようです。
ちなみに、攻撃主は毛利・某同盟の連合軍です


東西31

掃除がままならない状況で攻撃を始めなければならないというのは理解できますが、それをキレイにいなす徳川家はさすがです。

さすがは防御の廃が集まる国・・・
勝敗を決定付ける防御は見事でした。



もはや接戦ですらなくなった以上、しっかりと陣を掃除して3国でどーんするだけ。

そんな攻撃を防ぐことなどできるわけもなく
東西32

14時25分ちょうどに終戦。
 

東軍の勝ちは決まりました。

東西33
今回はあまり参加できなかったので順位のほうは残念状態

東西34
 
同盟のほうは、東西戦で求められるような攻撃力の高い人が大人の世界に走ったためいつもの位置より低めになりました。

 


よろしければポチッと1クリックお願いします。
戦国IXA・攻略ブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    julyausspopotamous at 19:32│Comments(1)└プレイ日記 
    この記事へのコメント
    1. Posted by あいりす@主   October 27, 2015 01:17
    したらばに載せてくれた方ありがとうございます・・・


    ですが、ホームのURLだと来てくれた方が探し辛いと思うので出来ればここのURLにしてほしかったの・・・
    違う記事更新したら見えなくなっちゃうしね

    コメントする

    名前
    URL
     
      絵文字
     
     



    Top▲